2015年 04月 11日 ( 2 )

ごはんの器 おやつの器 4/3~4/11

お知らせが遅くなってしまいましたが・・・
4月店内展示のお知らせです(太字をクリックするとリンクに飛びます)
e0304081_21594964.jpg
「ごはんの器 おやつの器」
 安藤由紀(ivory+) 陶 直井真奈美
2015/4/3(金)~2015/4/11(土)
期間中の定休日 月・火
11:00~18:00(L.O17:30)

直井さんにはごはんを
安藤さんにはおやつをテーマに作品をご用意して頂きます

お二人の作品はシンプルだけど丸みがあって柔らかい
”まるっこくてやさしい”雰囲気

詳しくはまた展示の前にご紹介します

期間中は普段はご用意していない
サンド(パン屋らしくパンのごはん)とおやつの期間限定メニューを
お二人の器でご提供いたします

※メニューについては下記を読み進めてください!!
********************************************************
DMの表面イラストは、絵本作家&イラストレーターの井上コトリさんにご依頼したものです
素敵なイラストを本当にありがとうございます!
コトリさんは、絵本の新刊「まちの ひろばの どうぶつたち」あかね書房)を発売されたばかりです
イラストにピン!ときた方はそちらもぜひ、チェックしてみてください
********************************************************
※メニューについて※

サンドはご予約制となります、以下ご確認の上、基本的に店頭または、お電話での事前予約をお願いいたします
おやつはご予約不要ですが、数に限りはありますのでご心配な方はご予約をお勧めいたします

・サンドのご予約は①11:30~ ②12:30~(ご予約時にご希望のメニューをうかがいます)
・ティータイムは14:00~
・仕入れの関係上、ご予約後のキャンセルはご遠慮ください
・小さなお店のため、
 1組は最大3名様まで、お席の都合上、合計最大5名様までとなります
 3名様が2組重なった場合はご希望の日時にご予約できないことがございます、1名様~ご予約可能です、何卒ご了承ください
・ご予約先:070-6966-2991、kiki_note@excite.co.jp


menu
【SANDWICH SET】
各1,000円(ドリンク付)
・サーモン&クリームチーズのやさいたっぷりチャバタサンド
高加水でもっちり仕上げたkikiのチャバタによつ葉クリームチーズとサーモン、トマト・きゅうり・玉葱・・
沢山の野菜もサンドしているのでおなかもしっかり満たされます
人参ラペとリーフサラダとご一緒に
e0304081_23171798.jpg

・やさしいたまごサンド
kikiの山食(低温殺菌牛乳使用・湯種仕込)に隠し味を効かせた平飼卵のフィリングをたっぷり挟みました、
トロッとしたコクとふわっとした香りが楽しめます。軽食にもどうぞ
人参ラペとリーフサラダ、春野菜

【CAKE SET】
900円(ドリンク付)
・ブルーベリーのレアチーズタルト
指定農場で収穫されてから3日以内にシロップに漬けられた大粒のブルーベリーの実をたっぷり使いました
シロップの糖度は極限に落とした優しい甘さで生のものよりプルプルとした食感です
【necoさんのブルーベリージャムも使用しています】
よつ葉のクリームチーズと生乳100%のヨーグルトを使ったレアチーズと合わせたさわやかなケーキです
e0304081_23174556.jpg



e0304081_00540168.jpg
みなさまの おいしい のお声が近くで聞けるよう、
素敵なうつわ とおいしい時間を過ごしていただけるよう、

心を込めてご用意します

どうぞよろしくお願いいたします

[PR]
by kiki_note | 2015-04-11 18:40 | 展示

ごはんの器 おやつの器 作家さんたちのこと

作家さんお二人のご紹介です

今回ごはんの器を中心に作品を用意してくださるのは
直井真奈美さんです(以下お写真はすべて直井真奈美さんのHPよりお借りしました)

直井さんは数年前、にわのわ というクラフトフェアに訪れた際に
作品に出逢いました
e0304081_16262446.jpg
((偶然、にわのわが開催される佐倉は先出の京成線で1本で行けてしまいますよ!))

兎に角使いやすそう、お料理を選ばず使えそう
というのが印象的でした(下記、平皿をサンドに使用いたします。
掲載しているお皿がすべて展示されるわけではありませんのでご注意ください)
e0304081_16270929.jpg
その時お話したところ、カフェをされていたこともあると聞き、
物凄く納得したのを覚えています
e0304081_16274646.jpg
もうちょっとこうだったら、みたいなかゆいところに手が届くような、
どれに盛ろうと迷った時も、これなら間違いないと自然に手にとってしまう器
そんな器ひとつはおうちにもありませんか?
e0304081_16283687.jpg
直井さんの器はそんな器のひとつというイメージです

作品やHPの印象ではおっとりとしたイメージが強かったのですが
今回改めてお話ししているととてもサバサバとした頼もしい方でした

作品はスタイリッシュなお店やかっこいいお店でも使用されています
e0304081_17141712.jpg
そんな中、恐縮してしまうくらい
kikiはゆるゆるこじんまりしたお店ですが
どんな雰囲気でも大きく受け止めてくれる心の広い器です
e0304081_16294307.jpg
現在は小さな女の子のお母さんでもある直井さん
子育てをしながらも様々な展示やクラフトフェアにも参加され精力的に活動されています

そんな直井さんみたいに
かわいらしくもかっこよくもある万能な器たちです
e0304081_16291128.jpg

1979 千葉県生まれ
1999 陶芸をはじめる
2008 自宅に工房を構え制作をはじめる
2011 長女を出産

道具として使い勝手が良く、使い手とともに時間を重ね、暮らしにとけ込んでいてくれたらいいなと思い制作しています。
器から献立を想像する楽しさや発見があったり、作り慣れた料理をいつもと違う雰囲気に見せてくれたりと、日々の暮らしに欠かせない食事を、器を通してより大切に、より楽しく、そしてささやかな喜びを感じてもらえたら嬉しいです。

また、小さな頃から陶の器にふれてほしいと思い、こどものための器も作っています。

****************************************************

おやつをテーマに木の器などを用意してくださるのは
安藤由紀(ivory+)さんです

私が出会ったのは独立されて3年目位の頃
(以下お写真はすべて安藤由紀さんのサイトよりお借りしました。
掲載の作品がすべて展示される作品ではありませんのでご注意ください)

出身は関東なのに1人長野で学んだり、四国へ渡って修行したり独立したり、
私には行動力とか勇気みたいなものがないので
稚拙な表現になってしまいますが、、ただただすごいなぁと思いました
e0304081_16440548.jpg
彼女のプロフィールの記載が、あるクラフトフェアから変化した時、
いろいろ感じることがあり、作品を置かせてもらえないかとお願いしました
e0304081_16573301.jpg
それからもどんどんぐんぐん活躍されて、
活動も藍染をとりいれたり、ワークショップをしたり、、、
今回も本当に多忙ななか、作品を用意してくださいました。

毎度毎度、普通の私が感じたこと

安藤さんのホームページには
可愛らしい手書きの文字で木の特徴や扱い方がわかりやすく説明されています
木は力仕事なこともあり、勝手に木こりみたいな男性の作り手さんが多いイメージがありました
e0304081_16581933.jpg

山奥で髭の生えた仙人みたいな人が黙々と作っていて、どっしり力強いような…安直・・・
e0304081_16461471.jpg
安藤さんご本人はすらっと背は高いけれど、とてもかわいらしい方なのでギャップにびっくりします
創りだしている時の作家さんはやっぱりかっこいいです
e0304081_16592056.jpg
力強い木が安藤さんの手しごとやデザインで
柔らかくて手にしやすい
何となくほっこりするうつわやコモノに生まれ変わっていきます
(ブルーベリーのタルトは下記プレートかボードでご提供します)
e0304081_17003553.jpg
e0304081_17041410.jpg
木というと、お手入れや衛生面に不安がある方も少なくない様ですが、お手入れについても丁寧な解説付きです
e0304081_17013265.jpg
また、木の器はパンに使うと余分な蒸気なんかを吸ってとてもおいしい状態を保ってくれたり、
カトラリーは磁器などと相性がよくうつわを痛めないそうです。
タルトなどでフォークを立てなければならない時もうつわが木ならばカチカチと嫌な音もせず口に運べます。
うっかり手を滑らせても割れる心配はないし、使っていくうちに表情が変わっていい味になっていくのも革製品みたいで楽しい。

e0304081_17050790.jpg
ivory+ / 安藤由紀
関東出身、現在は、徳島県在住

古い平家の一部を工房にして、木のコモノづくりをしています。

武蔵野美術大学短期大学部木工専攻卒 家具を学ぶ。
東京青山「ウッドユウライクカンパニー」にて、家具の販売後、
やはり作ることを仕事にしたい!コモノやお皿等を作りたい!と、長野の上松技術専門学校で工芸を学ぶ。
徳島「テーブル工房kiki」に5年勤務、コモノ作りを経験後、2009年独立。
主に生活道具を中心に製作して暮らしています。


人の手で使いこまれた分だけ

深く深く味のある色に変わっていく木。

使い込まれて、古くなっているような道具類が好きです。

そんな風に長く長く

くたくたになるほど愛される

木の生活道具を作りたい。

                  

    使うことに意味がある、「道具」としての木の味わい。

    それで少しでも皆さんの日々の生活が豊かな気持ちになるなら・・・
  と願って、今日もコツコツと作るのです。
*************************************************************

暮らしの中では本当にとてもささやかなこと
だけど
使うたび小さな嬉しいおまけがついてくる

そんな風にかんじています

kikiのパンやサンドやおやつと共に愉しんでいただけたら幸いです。


#安藤由紀 #ivory+ #直井真奈美 #kiki

[PR]
by kiki_note | 2015-04-11 17:30 | 展示


11:00?18:00(11:30~イートイン可 17:30L.O)?116-0002東京都荒川区荒川


by kiki_note

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
開店準備
営業日
作品
menu
イベント出店
営業日ワークショップ
休業日ワークショップ
展示
カフェメニュー
レッスン
kiki beic
お知らせ
スケジュール
町屋ご近所散策
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 01月
2001年 10月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

Twitter

最新の記事

ブログなどについて
at 2016-12-23 11:52
久々に町屋散策 ちょっとひ..
at 2016-12-20 15:55
秋も終わりに近づいてますね
at 2016-11-18 22:33
SNSなどの公開と非公開設定..
at 2016-09-22 16:35
健康が一番
at 2016-09-16 00:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
レストラン・飲食店

画像一覧