2014年 08月 01日 ( 2 )

展示のこと、注染のこと、それから

さて、4名の手ぬぐい作家さんを紹介してまいりましたが、
今回は3名の方々が注染という技法を使って制作しています

注染ってなんだろう
そう、私も手ぬぐいは大好きですが、
専門家でなければマニアでもありません

ただ、手ぬぐいがすきなだけ。
なので、展示やワークショップも
生活の中でより自然に手ぬぐいを使う
アイデアや、注染以外にも技法はあって、色んな作家さんがいること、同じ技法でも全く違った作品になること、伝統工芸である注染てどんなものなのか
を紹介するような形にできたらなと。
本当は型染めや、藍染、草木染め、プリント…など「色々な染めと注染」とも考えていましたが、

結果的には注染でもこんなに個性がでるということが伝わる形になりよかったと思っております。

e0304081_20264645.jpg



お気に入りの手ぬぐいがどんなふうに染められ出来上がるのか知るだけでも、
より選ぶのが楽しくなります
また、素人の私の説明ですが、少し知っていただくと
知識の深い作家さんたちや専門の職人さんたちとの会話も
より楽しくなるかもしれません


注染とは明治時代から続く技法です
柿渋で固めた和紙に図案を彫り、漆を塗って型紙が完成します
e0304081_20271180.jpg


型紙を布に乗せ、小麦や海藻で作った糊をつけて白く残す部分を防染します

糊つけした布を何枚も重ね、そこに専用のやかんで染料を注いで染めるのです

e0304081_20272899.jpg

各工程をそれぞれの職人が担当し、分業でひとつの商品をつくります

殆どの作家さんは、図案を作り色を決め、型紙を彫るところまでを手掛けています(この作業も大変繊細な作業です)
e0304081_20274461.jpg

ひとつの手ぬぐいが完成するまでにたくさん
のエキスパートたちが関わっているのです。
e0304081_20275928.jpg


(参考:Wikipedia等)
高価になりがちな伝統工芸ですが、これほど
までに身近に手に出来る伝統工芸はもしかしたら手ぬぐい以外には中々ないのではないだろうかと私は思っています


ずっとどちらもお店に並べたいと考えていた理由の一つ
e0304081_20281994.jpg

あと、2つ

ある職人さんのお話が心に残っていたから

切子の著名な伝統工芸士である方が
仕事仲間である
著名なガラス作家さんのことをこんなふうにおっしゃいました

「私らはね、作家さんてのが羨ましくて仕方ないんだよ、私らにはない自由で際限のないデザインのアイデアがどんどん溢れてくる。
これどうかな?(新作を指差して)今回はこんなの工夫して作ってみたんだけど面白いかな?まだまだだよな笑」
逆に作家さんは
「僕らに同じの作れったって無理なんだよ、素晴らしい技術」
そんな風だったと思います
直接ではなく、どちらもお互いがいない時静かに私におっしゃいました
お互いがお互いの才能を羨ましく思い、それは決して妬みではなく、敬意を評している。
それぞれの分野で力を発揮し続けながら
それは2人だからかもしれません
でも、私はそれが何だかとても尊くて、とても素敵だと思ったんです。
e0304081_20283483.jpg


作家には作家にしかできないことがあり、職人には職人にしかできない仕事がある。(どちらもこなす方もいます)

デザインから完成までを全て行う作家さんの作品と、デザインと事前工程までを作家さんが行い製作を職人さんが行い、出来上がる作品
どちらがよいではなく、どちらにもよさがあるから

そしてもう一つ、荒川区だから

荒川区と聞いて、モノづくりのまちだね、とか、職人さんのまちだねというひとは稀です。
斎場のあるとこね、とか
え、どの辺でしたっけ?とか

日暮里繊維街があって、色々な職人さんがいて工芸展とかもしているのに残念だなと

それに作家さんも意外と多い


私は荒川区に住むか初めは迷っていました。
通勤は便利だけど同じようなお店ばかりが何件もあるし、緑は極端に少ない、歩きタバコや喫煙出来る場所が多すぎて、タバコの煙で吐き気がしてしまう私はどうしてもストレス、残業して帰った時遅くまであいてる店でお肉以外が食べれるのがF店しかない、、
(今は随分変わってきました)
でも、モノづくりしていた私にとって、日暮里や浅草橋が近いこと、都電で手創り市へいけること、自分には遠い存在の職人さんたちが沢山いるまち…など…というのは何だか魅力だったのです

注染の染場は荒川区ではなく、
下町界隈にあります。

お店としては、なにも荒川区にまつわることやものだけで固めるつもりもなく、どんどん外にも飛び出して行くつもりですが

たとえば
「お店の場所は町屋です、荒川区の。」

「あ、下町の職人さんたちの地域だね、」
「町屋路面電車のあるとこかな」
「あ、◯◯を見に行くために降りたことあります!」
とか


と返ってくる言葉だけでも
そんな風に変わったら
何だか素敵だと思ったりしませんか

e0304081_20294532.jpg



余りに美しい写真で解説されていたので
画像は全てzucuさんブログ内よりお借りしました。ありがとうございます。
[PR]
by kiki_note | 2014-08-01 23:31 | 展示

期間中の限定スイーツと3日(日)喫茶おやすみ

※手ぬぐいの展示期間中、3日(日)はワークショップ開催のため、喫茶はお休みとなります
ご了承ください※


手ぬぐいの展示期間中、本日より、
喫茶メニューに期間限定で和スイーツ
抹茶のババロアをご用意することになりました♩
e0304081_21312545.jpg

数量限定です!

また、
和菓子ワークショップのドリンクは
有機のお抹茶、
手ぬぐいワークショップのパンのお土産は
抹茶あんパンと

抹茶づくしでございます^_^

何だか暑い季節になると食べたくなってしまいます!
是非ご賞味くださいませ

オレンジアプリコットカシューのパンは今漬かっている杏がなくなり次第終了となります。

宜しくお願いいたします
[PR]
by kiki_note | 2014-08-01 21:25 | menu


11:00?18:00(11:30~イートイン可 17:30L.O)?116-0002東京都荒川区荒川


by kiki_note

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
開店準備
営業日
作品
menu
イベント出店
営業日ワークショップ
休業日ワークショップ
展示
カフェメニュー
レッスン
kiki beic
お知らせ
スケジュール
町屋ご近所散策
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 01月
2001年 10月

フォロー中のブログ

Twitter

最新の記事

ブログなどについて
at 2016-12-23 11:52
久々に町屋散策 ちょっとひ..
at 2016-12-20 15:55
秋も終わりに近づいてますね
at 2016-11-18 22:33
SNSなどの公開と非公開設定..
at 2016-09-22 16:35
健康が一番
at 2016-09-16 00:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

パン
レストラン・飲食店

画像一覧